50代、人生の折り返しを楽しむ女性のためのブログ

気の向くままに

50代、女性の生き方

もう50代・・・まだまだ50代!あなたはどっちのタイプ?

更新日:

今を生きる

人生100年時代

こんな世界に生きる私は、50代でやっと人生の1/2が終わったところです。

私が子供のころ、50代だった親戚のおじさんやおばさん学校の先生は。もっと老けていたような気がします。

でも、最近では私の親世代、いやそれ以上の年齢の方もとっても元気が良く、軽く100歳は超えてしまいそうな方が沢山

ところで”あなた”は、50代に対してどんなイメージを持っていますか?

50代のあなたは自分のことをどう思っていますか?

まだまだ若い?

それとも、人生に枯れ始めたおばさん?

どっちですか?

50代、老けていくのは体型や髪だけじゃない

久しぶりに会う同級生やママ友

同じ年なのに、恐ろしいほど年の差を感じたことありませんか?

若いころと変わってしまった体型

たるんだ頬

白髪や薄くなった髪

見た目の変化は、どうしても避けられないものですが、それよりもパッと見たときの印象が、恐ろしいほど老けてしまっている人がいます。

どうして、こんなに見た目に差が出てしまうのか考えたことありませんか?

もちろん、美容や着るものにお金を掛ければ、若々しは見えるでしょう。

でも、そうではなく「老いたな・・・」と感じるのは、内側から放たれる気だと私は思うのです。

若い時の生き方、考え方を引きずったままになっていませんか?

痛々しい老け方をしてるなと感じるのは、一番輝いていたころの自分を引きずったままの人です。

時代はどんどんと流れ、ものの見方や考え方も変わっていきます。

それに、年を重ねれば、体も心も若い時のままではいられません。

それなのに、若くて一番輝いていたときのまま、時を止めてしまう人がいます。

パッと見は若々しく装い、元気に見えますが、ハッキリ言って痛いです。

そして、年齢以上に老けて見えます。

今さら頑張ってもしかたがない・・・人生を諦めていませんか

女性

50代、女性は更年期の真っ最中、閉経してしまった人もいます。

「女として終わった・・・」と、自分変えるチャンスを諦めてしまう人がいます。

子供が独り立ちし、空の巣症候群になってしまったのか「なにをしてもつまらない・・・」と、ため息ばかりの女性もいます。

そして、彼女たちの言葉の〆は

「もう50代だもの、今さらにをしても手遅れよね」

いろいろチャレンジしてそれでもダメだと思った人なら、なにをしても無駄と言葉に出しても潔さが顔に出てきます。

でも、なにも手をださず、ただただ立ち止まってそこから一歩、いや半歩でも足を出さなければ、なにも変わりません。

それどころか、「あの人はご主人が素敵な人だから」「子供さんが優秀だから」「好きなだけお金が使える人だから」

気が付けば、愚痴ばかりを吐き出す立派なおばさんになってしまいます。

今の私は、まだまだ50代。

私は若いころにたいしてモテもしませんでしたし、キラキラ輝くような青春もありませんでした。

だから、若い時の栄光みたいなものにしがみつくものはなにもありません。

閉経を迎える準備がどんどんと進んでも、毎月のうっとおしいお客様から解放される嬉しさしかありません。

素敵なご主人も、好きなだけ使えるお金もありません

子供が独り立ちし、淋しがっている時間もありません。

自分の足で、しっかりと前を向き、生きていくだけしかない私にとって

「もう50代だから・・・」と、人生に愚痴を言っている暇はないのです。

「まだまだ50代!!」と、ゆっくりと年を重ねながら笑って生きていきたいのです。

そんな私が、始める新しいブログです。

愚痴や楽しいこと、いろいろと思いつくまま気の向くままに書いていくブログ

はじめまして

そして、これからもよろしく

スポンサードリンク

 

 

-50代、女性の生き方

Copyright© 気の向くままに , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.