50代の美と健康

50代のメイクは簡単で顔色が良くなる!たったこれだけ意識してます!

投稿日:

メイクする女性

40代、50代の美容意識の高い女性のための本

たま~に読むんですが、皆さん本当にあれだけ顔にいろいろ塗っているんでしょうか?

しっかり叩き込んだベースメイクに、目力UPやふっくらとさせる唇などのポイントメイク

ウンウン、これでけ塗りこめれば確かに「私ってこんなに若く見えるんだ~♪」という気分にはなれそう!

友達に会うとか、気合入れてデパートにショッピングに行くとか、同窓会やOB会に行くとかなら、気合十分なメイクにも挑戦するかもしれません。

でもですね、私としては近所のスーパーに買い物とか、ちょっとした仕事なんかだと、そこまで気合の入ったメイクは必要ない気もするんですよ。

かといって、肌のハリや艶がなくなる50代が、毎日ノーメイクでお出かけの時はマスクで誤魔化すなんてのも嫌なんですね。

そんな私の最低限のメイク道具をご紹介します

5分でOK!張り切り過ぎない50代のメイクはたったこれだけ

50代のメイク

とにかくパパっと、それでいて顔色よし!肌艶あり!のメイクに使っているのが上の写真の5つだけです。

化粧下地

アテニアスキンレタッチャー

アテニアスキンレタッチャー

この下地を使うと、肌の凸凹や小じわなどが、まるでレフ版で光を当てたときのような肌に変わります。

疲れが残りやすい肌も、これを塗るだけでかなり補正してくれる上に、簡単パパっとメイクでも手抜き感がないですね。

今使っている秋冬用バージョンのモイストタイプはなくなり次第終了となるため、春になったら通常のタイプになります。

この肌質修正下地のスキンレタッチャーを使用後に、肌色を補正する下地を使うのがオススメだそうですが、私はカラーコントロールの下地は使っていません。

パパっとした日常のメイクなら、これだけで十分顔色がパッと見えます。

スキンレタッチャー詳しくはコチラ

ファンデーション

アテニアフォージュン ファンデーション

フュージョンスキンファンデーション ラスターフィニッシュ

BBクリームでは、肌が負けちゃう

CCクリームでは、肌があか抜けて見えない

そん私の肌を救ってくれるのが、このアテニアのフュージョンスキンファンデーション ラスターフィニッシュです。

付け心地がBBクリームっぽいんですが、重たさがさほどないのにメイクの持ちが一日中続く優れものです!

しかも、小鼻から頬にかけての凸凹毛穴が一気に補修されるので、ツルン!!とした肌になれるんですよね~♪

色は標準的な肌色の#62をメインに使っていますが、冬から春にかけては明るめの肌色#61のほうが顔色がパッと明るく見えます。

よれない、ツヤ肌、毛穴レスになれて、お値段も¥2,376とコスパの良さも嬉しいファンデです。

詳しくはコチラ

頬紅

プリオール美リフトチーク(コーラル)

メイクの中で”つい”塗らなくってもいいかな~と、ずるをしたくなるのが頬紅です。

更年期になり、ちょっとしたことでカーと熱くなったりすると、顔が真っ赤になることもあり、できるだけ赤ら顔にならないように頬紅を避けていた時期もありました。

でも、ホットフラッシュがない時の顔色は無茶苦茶悪いです・・・

そこで、できるだけナチュラルに見え、ホットフラッシュが起きた後も違和感のない頬紅として使っているのが、資生堂の美リフトチークのコーラル

ちょっとした目の下の影を飛ばすことができるので、パパっとメイクで顔色を良く見せたい私には使いやすいチークです。

アイシャドウ

excelスキニーリッチシャドウ(ロイヤルブラウン)

とにかく肌なじみがいい!アイシャドウ

薄くサッと伸ばすだけでも目元が明るくなるし、4色ガッチリ使えばお出かけにもしっかり対応

私が使っているロイヤルブラウンは、ほんのりピンクで目元が窪んで見えないので50代の目元にはオススメ

付属のチップでぼかすよりも、シャドウ用の筆を使うとふわっと優しい目元になりますよ。

アイブロウ

インテグレート グレイシィ・くり出しアイブロウ(グレー)

お値打ち!書きやすい!持ちがいい!の3つが揃ったアイブロウ

眉はアイブロウパウダーとペンシルの2つ使いが一番きれいに描けるんですが、日常やちょっとしたお出かけなら1本でパパっとかけて、ぼかしてしまえばOK!

このアイブロウ、適当に柔らかくって硬さもそれなりにあるので、ざっと描いてサッサっとブラシでぼかせばナチュラルな眉に仕上がります。

口紅

COVERMARK・ブライトアップルージュ(ピンクベージュ)

唇の黄くすみがサッとなくなり、発色がキレイなこのリップ

加齢による唇の縦ジワも気にならなくって、しかも、色持ちもいい!

唇の潤いも続くので、唇がバリバリに乾燥しやすい季節にもリップクリームなしで艶々できます。

食後、口紅って落ちるものですが、多少落ちても唇が淋しくなりません。

くすみがちな50代の肌ですが、ピンクベージュでも肌色がキレイに見えるので、新色のシアーピンクも試したくなります。

まとめ

基本的に私の化粧は『顔色が良く見える』が1番で、2番は『時間がかからない』です。

ぼやっとした印象になる目にアイラインは引かないし、マスカラなんてこの3年ほど使っていません。

お出かけの時ぐらい、目力をUPさせておいたほうがいいんでしょうけど、ぶきっちょなうえに結膜炎になりやすい目では使えません。

でも、まあ、最低限のメイクで肌をキレイに見せることができれば、元気でイキイキとした顔に見えるんですよね♪

お手軽で、そこそこキレイになれれば私のメイクは満足です。

関連記事
メイクする女性
お化粧が面倒!すっぴん美人でも許されない50代のノーメイク

あなたは毎日ちゃんとお化粧していますか? 仕事の時はしていても、たまの休日にはスッピンよ!!という方もいるでしょう。 でも、若くハリのある肌とは違い、くすみやシミが気になる50代の肌をカバーするために ...

続きを見る

スポンサードリンク

 

-50代の美と健康

Copyright© 気の向くままに , 2019 All Rights Reserved.