50代、人生の折り返しを楽しむ女性のためのブログ

気の向くままに

50代、女性の生き方

心の中で思い続けること、つい言葉にしてしまうものは現実になるって知ってた?

更新日:

コーヒータイム

どんなにつらくても、笑っていればいいことがあるさ♪

母子家庭で生活がどんなに苦しくても、病気で入院していた時も、つねに母が言っていたのはこの言葉

良いことも悪いことも、心の中や言葉で呪文のように繰り返すと、本当に現実になっていくのを50代の今ものすごく実感している私

そして、思い続けること言葉にすることが、どんな結果を生むのかしってしまった20代の娘

もしも今、あなたが愚痴ばかりを”つい”つぶやいてしまう癖があるのなら、ちょっとだけ私の話を聞いてください。

 

悪いことほど確実に現実になるって知ってた?

思い悩む女性

ほんと、悪いことって現実になりやすいんですよ。

それを超実感したのが私の離婚

見合い結婚して、息子が生まれたころまでは平和だった私の結婚生活

でも、育児から逃げ、姑の攻撃から嫁を守らず、仕事に行きたがらない旦那にほとほと嫌気がさし、「このままずっと一緒に年を取るなんて嫌だ!!」と真剣に思いだしたのが結婚生活18年が過ぎてから

関連記事旦那が嫌い!大っ嫌い!我慢の限界がきて離婚した私が今思うこと

別居?離婚?別れて暮らすにはそれ相応の理由が必要

そこで、暇があれば想像していたのが「浮気でもしてくれれば離婚理由ができるのに」

友達とランチ中もぐちぐちと話題にし

母との会話中にも”つい”言葉にしてしまう

「浮気でもしてくれれば」「慰謝料は家を売ったお金をお貰えばいい!!」

そんなことをブツブツと1年半ほどつぶやいていたら、本当に旦那は浮気をし、慰謝料と養育費は家を売却したお金でくれるという結果に!!

いや~もう、旦那お浮気が発覚したときには、女友達も「念願かなって、これで離婚できるじゃない!」といったほどですから、どれだけ私は言葉にして吐き出していたのか・・・

このときほど悪いことほど思いが強くなるのだと実感したことはありません。

素敵なことは現実になるまで時間がかかるの

最悪だった旦那の浮気

どうしようもないほど旦那に振り回された離婚調停

悪いことを考えすぎた罰だと本当に思いました。

それでも、泣いても怒っても人生の進む方向を決めたのは私自身です。

離婚をしようと決めたら、心の中がザーザーの雨降りでも、とにかく口角を上げ笑顔を作って思いついたことを片っ端から始めてみることです。

でも、素敵な想像はなぜかなかなか現実にはなっていきません。

そもそも私一人の稼ぎで子供を養い生活ができるという成功体験がないからなのか

「やるから!」「きっとうまくいくから!」という言葉には、どこか「ウソウソ、うまくいきっこない・・・」という、情けない気持ちがあったのでしょう。

だから離婚後4年間は、もうどこまで落ちるのかわからないような生活になっていきました。

それでも一緒に暮らす母は「きっと幸せになれる」「自由になれたんだから大丈夫」と私を励まし

娘や息子は「50代でも諦めたらだめ!少しずついいほうに向かっているははずだから」と笑ってくれました。

そんな、子供や母の前で愚痴をこぼすわけにはいきません!

どんどんと空っぽになる通帳をみても無理やり笑顔を作り、車の運転中や散歩中、空に向かって「今の生活をありがとう」と馬鹿みたいにつぶやきました。

今思えば、かなりアホなことをしていたいと思います。

最初は「お金に不自由しない」ってことばかり考えていましたが、なぜか徐々にお金のことなんか忘れて、とにかく「今が一番いい!!」「毎日ホッとする!」を口にし続けました。

離婚して7年たった今も借金は残っていますが、どうにかこうにか家族全員でホッとした生活を送れるようになり、涙が流れる日はなくなっていきました。

最悪なことは1年半ほどで叶ったのに、ホッとする生活を手にするまでには7年ほどかかったのを考えると、人は最悪なことのほうが真剣に想像しやすいみたいですね・・・

思いや言葉は現実になる!だから素敵なことを優先して思って生きていきたい

幸せ

私の離婚や離婚後のぐちゃぐちゃになってしまった生活を見続けてきた娘

彼女が母親の姿で学んだのは、不幸せになってしまった自分を想像しないことです。

もちろん、いくら楽天家に見える娘でも生きていくうえでの最悪なことは想像をします。

ときには言葉にだって出すこともあります。

でも、最悪なことを思い続け言葉に出すことの結末を、親の離婚騒動で嫌というほどわかってしまったようです。

自分の人生が出口のない迷路に迷い込まないためにはどうしたらいいのか?

とにかく口角を上げ今の自分がホッとする場所で生きていることを実感し、良い未来を想像して生きていくこと

そんなことを親子でふと話してみた土曜の午後でした。

関連記事苦労が顔に出る人、出ない人。あなたは今の自分の顔が好きですか?

 

スポンサードリンク

 

 

よく読まれている記事はこちら

ウェスト測定 1

過去に何度もダイエットにチャレンジし、何度もリバウンドを繰り返してきた私 今度こそ、今度こそ、2度と60キロ台に戻ってたまるかと、食事や運動を頑張ってみました。 でも、ほんの1か月程うっかりと油断して ...

太ったお腹周り 2

久しぶりにスーツを着なければいけない仕事のため、一年前に購入したシャツに袖を通しました ボタンがはじけ飛ぶようなぴちぴち状態に慌て、鏡で自分の姿を見れば、 背中・胃・下腹にみっちりついた脂肪 女友達か ...

中年女性 3

現在50代半ば、過去に白髪染めの経験なし! 昨年の暮れごろから髪の内側に白髪が急に増えだし、白髪がかなり目立つようになりました。 そんな私の髪をを見るたびに、かなりの確率で聞かれるのが「白髪染めないの ...

美容室でシャンプー 4

世間一般的に50代女性はどのくらいの頻度で髪を洗っているのでしょうか? 私は花粉がバンバンに飛ぶ季節やだらだらに汗をかく季節は、ほぼ毎日シャンプーをしますがそれ以外は2日に一度。 若い時には毎日髪を洗 ...

友達 5

スマホからガラケーに変え、久しぶりに過去のメールのやり取りや、今では連絡を取らなくなった人のアドレスを見つけました。 そして、メールの履歴とアドレスを削除しました。 離婚後はフェイスブックも退会しまし ...

薬用ホットタブ重炭酸湯 6

女優、北川景子さんが愛用していることで、若い女性の間で人気が高まった重炭酸湯入浴剤ホットタブ スパークリング 私が最初に使いだしたきっかけは、母の足のむくみ改善が目的でした。 炭酸が溶けた柔らかいお湯 ...

-50代、女性の生き方

Copyright© 気の向くままに , 2018 All Rights Reserved.