50代、人生の折り返しを楽しむ女性のためのブログ

気の向くままに

50代の美と健康

加齢による目元のたるみと涙袋のクマ!老けて見える悩みを解決したい!

更新日:

女性の目

昨年から私と娘の悩みは『目の下のクマ』

娘は朝のメーク時に、必死にクマをどうにかしようと目元を温めて、軽~くマッサージ

その後、上手にメイクすると、ほとんど『目の下のクマ』が気にならなくなります

でも私の『目の下のクマ』は、なにをしても改善できず、娘が羨ましがっていた「涙袋」の下に黒くクッキリとでてきます。

娘と私のクマは年齢の問題ではなく、どうも種類が違うようです。

あなたの目の下のクマはどのタイプですか?

青クマは女性ホルモンの影響で濃くなる

悩む女性

娘の目の下に出来るクマは「青クマ」と呼ばれるタイプ

青クマの確認方法は、あっかんベーをして目の下を引っぱっります。

この時、クマが薄くなれば青クマです。

これは目のまわりの血行不良が原因でできるんですね

仕事でパソコンと長時間向き合った日や、休日にず~とスマホを触っている日なんかも目の下にクマは出来ますけど、一番ひどいのは生理前なんです。

体の疲れや、冷え、パソコン・スマホの見過ぎで出来てしまう目の下のクマは、

  • 睡眠時間をしっかりとる
  • 顔のツボを押す
  • やさしくマッサージする
  • ねるめのお風呂で血行を良くする
  • 冷たいものを食べすぎないようにする

こんなことを気をつければ、夕方、目の下にうっすらクマができるくらいまで改善できます。

ところが、生理前だけは何をしてもだめ・・・

クマがくっきりと表れてしまうから、必死にコンシーラーで隠しています。

加齢による”まぶたの筋肉のたるみ”が原因でできる涙袋の黒クマ

娘の青クマは疲れを取ったり、血行を良くすることで改善はできますが問題は私の目の下のクマです。

年齢と共に気になってきている目の下の「黒クマ」

黒クマの確認方法は、鏡を持って上を向きます

この状態で目の下のクマが薄くなったら黒クマです。

もともと涙袋がふっくらしていたのに、加齢とともに涙袋も垂れてきてしまった50代の私の顔

垂れた涙袋の下が黒クマになると、コンシーラーだけでは隠すことはできません。

実年齢よりも老け顔に見えてしまう目元の悩み

肌の調子が気になる女性

この黒クマ、40才半ばを過ぎたころから多くの女性の老け顔の悩みとなっています。

加齢によって目の下の皮膚が薄くなり、内側の血液や筋肉が透けて見えやすくなっているのが原因の黒クマ

  • 目元がたるむことで涙袋の下がくぼみ影ができる
  • 涙袋の下側の皮膚が薄くなってしまう

これらが原因で、涙袋がもっと黒く見えるのです。

また、目元が痩せることは「ほうれい線」と同様に、女性の顔を急に老けさせてしまう原因です。

コンシーラーや必死になってファンデを重ねて塗っても、隠すことができないのも困ったものです。

加齢による目の下の黒クマやたるみの改善方法

アイキララ

目の下の筋肉が薄くなってくるのは、早い方だと20代後半から

50代も過ぎると目の下のたるみが深刻な悩みになってしまい、目の下のたるみ取り手術をする女性もいます。

筋肉が薄くなって緩むことで、年齢と共に現れる目の下のクマ

そのままにじておくと顔に影を落とし、生活に疲れて見える顔になってしまうのが嫌なんですよね・・・

そんな黒クマを深刻にさせないために、できる予防対策は

  1. 顔の表情を良く動かしてあげる。
  2. 凝り固まった表情筋を入浴後にマッサージでほぐしてあげる。
  3. しっかり目元美容液でケアをしてあげる

まずは、表情筋をしっかり動かした、表情筋をほぐしてください。

それでも、目の下のクマが改善できないときには、目の下クマを根本から改善するアイクリームでお手入れが必要みたいです。

私も目の下の影が、どうしても生活感丸出し&老けえtみられるのが嫌で目の下の悩みのためのアイクリーム『アイキララ』でお手入れを始めました。

ほんと・・・この年になると顔の表情筋を動かすだけでは、クマやたるみって消えないものですよ・・・

アイキララには速効性はありませんが、目元が乾燥しなくなってくるので、続けるとふっくら感が出てくる気がします。

50代、目の下の悩みにはアイキララ、使って損はないと思いますよ!



-50代の美と健康
-

Copyright© 気の向くままに , 2019 All Rights Reserved.